言語を選択する


トップメッセージ

當社は1919年に創業し、1929年に日本初となるトラックによる「路線」事業を経て、1976年に「宅急便」事業をスタートしました。

宅急便は、「個人から個人へのお荷物を翌日に配達する」ことから始まりました。その後ゴルフ宅急便やクール宅急便など新しいサービスをつぎつぎとお屆けしてきました。また、宅急便コレクトなど、さまざまな付加価値サービスも開発し、eコマースをはじめとする「法人からのお荷物」の成長にも貢獻してきました。そのどれもが、お客さまの聲から生まれたサービスです。

時代の変化に合わせて、変わり続けてこられたのは、「お客様にとって、いいサービスをお屆けしたい」という変わることのない思いがあったからです。

2019年にヤマトグループは100周年を迎えます。次の100年に向けてさらに成長していくため、お客さまのさまざまなニーズをキャッチし、それぞれに合ったサービスをお屆けし続けます。

私たちは、ただ「お荷物を運ぶ」だけではありません。お客さまにとっての有形無形の価値を付加すること、ネットワークの改革により宅急便だけではなく新たな物流を実現すること、地域が抱える少子高齢化や過疎化といった課題や災害対応などについて自治體と連攜した取り組みを実行すること、オープン型宅配便ロッカーによる新たなネットワークの構築や共同運行など「物流業界全體の最適化」を目指す取り組みを進めることなど、時代に即した取り組みを積極的に進めていきます。

そのためにも、「働き方改革」による社員にとってより働きやすい労働環境の整備を進め、また、情報のデジタル化や業務のIT化を実現していきます。さらには、自動運転やAIなどの新しい技術の開発?活用についても、スピード感をもって実行します。

「宅急便」をより進化させていくために、仕組みをどう変えるべきか、そして「宅急便」以外でも、お客さまに喜んでいただくために何をすべきか、お客さまの聲に誠実に耳を傾け、考え続け、よりよいサービスを追求していきます。

今後とも、一層のご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長 社長執行役員

栗棲 利蔵



日本黄色-日本成人